将来、日本では公的年金が減るようになるため、老後の生活費にゆとりが持てなくなるとされています。そのことから、今後、自分で年金づくりを行なわなくてはなりません。

しかし、景気がよくない状態が長くつづく日本では、銀行は低金利、株価は不安定となっていることから、従来の方法による資金づくりはできなくなっているといってよいでしょう。利息はあまりつかず、利益にならない資金形成は効果がないため、これからの資金づくりとして、バブル期に流行った不動産投資が再び注目されるようになっています。

最近行なわれている不動産投資では、土地の売買といった方法ではなく、マンションやアパート、テナントなどを賃貸する賃貸経営で利益を上げるといった方法が行われています。賃貸経営は、現役時代に買った分譲マンションを他人に貸して家賃収入を得る方法や退職後にアパートを一棟買い、賃貸として利益を上げるといったことが主流となっています。

賃貸による家賃収入は、安定した家賃収入による老後の生活資金を作ってくれるようになります。不動産投資では、老後の生活にゆとりを作るほどの利益を追求することも可能なため、今後は年金不足を解消する方法として期待されるようになっています。