Monthly Archives: 4月 2015

海外不動産投資で資産づくり


日本では、将来、受け取れる公的年金が今よりも少なくなるといわれています。また、公的年金支給年齢についても上昇するようになるといわれていることから、老後の生活においてはゆとりが持てるような資産形成ができなくなっています。そのことから、最近は、自分で資金づくりを行なってゆとりある資金づくりを行なう必要があるのですが、景気があまりよくない日本では、資金づくりは簡単ではないといってよいしょう 今後、日本ではしっかりと資金づくりを行なう必要があるのですが、金利が低いことから、銀行預金などでは満足できるような資金ができないといわれています。 そのようなことから、いま資金づくりとして、不動産への活用が再び行われるようになっています。不動産投資は、バブル期に売買によって利益を上げる方法が行われていましたが、大きな利益が期待できなくなった現在では、賃貸によって利益を上げることが主流となっています。 日本で行なう不動産投資は、安定した資金づくりができますが、大きな利益が期待できないため、海外不動産への関心が高まるようになっています。海外不動産では、日本のバブル期のような値上がりを続けるような地域や国があり、これらの地域や国を活用した場合、大きな利益が得られるとされています。 これは、売買、賃貸ともに大きな利益が期待できるため、今後の資金づくりとして活用されるようになっています。 海外不動産の最新動向はこちらへ投資を検討中の方は要チェックです。