不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われる不動産投資です。一攫千金は期待できませんが、入居者さえ集まれば安定して毎月家賃収入が得られることから、比較的確実性の高い投資になります。しかし、決定的なデメリットとして不動産投資にはお金がかかることが挙げられます。
不動産投資はマンションやアパートを買って入居者を集め、メインの収益源としてその入居者から賃貸収入を得る投資ですが、その元となるマンションやアパートを買うためには数千万円、場合によっては億単位のお金が必要になります。もちろん、ローンを利用して投資ができますが、高額のローンを組むにしても返済できるかどうかの不安もありますし、勇気もいることです。

しかし、同じ不動産でも証券化された不動産へ投資するJ-REITというものがあります。J-REITは投資信託になるので現物不動産のように数千万円という費用は必要ありません。大体1万円〜100万円くらいの間で投資をするのが一般的で、これまでの不動産投資に比べたら圧倒的に少ない金額で不動産投資ができます。
さらにJ-REITではこれまでの不動産投資でできなかった分散投資も可能になりますので、リスクを抑えながら投資ができます。