Monthly Archives: 1月 2015

J-REITと不動産投資の違い


不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われる不動産投資です。一攫千金は期待できませんが、入居者さえ集まれば安定して毎月家賃収入が得られることから、比較的確実性の高い投資になります。しかし、決定的なデメリットとして不動産投資にはお金がかかることが挙げられます。不動産投資はマンションやアパートを買って入居者を集め、メインの収益源としてその入居者から賃貸収入を得る投資ですが、その元となるマンションやアパートを買うためには数千万円、場合によっては億単位のお金が必要になります。もちろん、ローンを利用して投資ができますが、高額のローンを組むにしても返済できるかどうかの不安もありますし、勇気もいることです。 しかし、同じ不動産でも証券化された不動産へ投資するJ-REITというものがあります。J-REITは投資信託になるので現物不動産のように数千万円という費用は必要ありません。大体1万円〜100万円くらいの間で投資をするのが一般的で、これまでの不動産投資に比べたら圧倒的に少ない金額で不動産投資ができます。さらにJ-REITではこれまでの不動産投資でできなかった分散投資も可能になりますので、リスクを抑えながら投資ができます。



価値が一気に暴落しない投資方法


皆さんはマンション投資を行いたいと考えたことはありますか?恐らく多くの人が、マンション投資なんてリスクの高い方法を取ることは出来ない、と考えているのではないでしょうか?そこでここでは、そんなマンション投資にまつわるイメージである「リスク」について実態を考えていきたいと思います。 実は、マンション投資というのは特筆するべきほどリスクが高い投資方法というわけではありません。というのも、投資における最大のリスクである、「価値の暴落」が発生しにくいためです。証券などのは投資先企業が倒産するとその価値が一気にゼロにまで暴落してしまいます。しかし、不動産であるマンションの場合、いくら評判が下ったとしても、とりあえず物自体は残っているため、価値が完全にマイナスになる可能性が低いのです。なるとしても、それまでにはある程度の猶予時間がある、というのが不動産投資におけるポイントとなります。 マンション投資において価値が一気に暴落する原因というのは二つ考えられます。一つは災害などによって住めなくなってしまうことです。そうなると、家賃収入は望めなくなります。もう一つは経年劣化により取り壊す必要がある場合です。こちらは突然訪れるものではありません。 以下のメディアも参考にどうぞ。「富裕層のための不動産投資ナビ」http://www.ludlowcolonialcondos.com/使える情報満載です。