Monthly Archives: 12月 2014

価格や収益が変動する要素


REITに投資するにあたって注意しておかなければならないのは、元本の保証されていない投資である、ということです。たとえば預金や債権は元本確保型商品とされていますが、REITの場合は証券市場に上場しています。需要と供給の関係によっては投資口価格が上下します。株式市場や不動産市況の影響を受けますので、個別の業績の変動に関係なく、株式と同様に価格が下落することもあります。そして、投資法人によっても投資口価格の変動要因は変わります。たとえば決算時の分配の権利確定、投資口の追加、資産の取得や売却、スポンサー交代あど価格が変動するタイミングがいくつかあります。 また、投資家は決算ごとに分配金を受け取る権利があります。しかし、分配金は確定されたものではありません。たとえば地震や台風などの自然災害が発生した際に、建物の毀損があったり、テナントの退去や未納があったりで賃料が減ってしまったり、物件の売却損などの内外的な影響を受けやすいこともあります。資産運用会社の能力にも左右されやすく、経済情勢によっても収益に増減されます。場合によっては収益がガクンと減少することもあります。また、増資を行った場合にも1口あたりの分配金が減ることもあります。