Monthly Archives: 11月 2014

預金よりも高い利回りが期待できる不動産投資


年金不安が高まるようになっている日本では、老後の生活にゆとりが持てなくなっているといわれています。将来は、今よりも少子高齢化が進むようになるため、公的年金支給額が減るようになり、支給年齢についても上がるといわれています。そのことから、年金不足による老後不安は確実なものとなっています。 日本では、このような問題を解決するために、自分で年金づくりを行なう必要があるといわれていることから、今後は、しっかりと老後において安心できる方法が求められるようになっているといってよいでしょう。 老後の生活においては、今の平均寿命を超えるようになると、1億円近くの資金が必要になるといわれています。そのことから、老後の資金づくりでは、効率よく資金づくりを行なう必要があるため、投資による資金づくりが期待されるようになっています。 投資は大きな資金がつくれる方法として知られています。中でも不動産を活用した資金づくりが行われるようになっていることから、不動産投資によって資金づくりが行われています。 不動産投資は、バブル時代に売買による利益追求がよく行われていましたが、景気があまりよくない日本では、利益効果が得られないため、マンションなどを賃貸して家賃で収入を得る方法が人気となっています。 マンション投資では、確実に安定した収益が見られるようになるため、預金よりも高い利回りが期待できるとされています。



リスクコントロールに優れるマンション経営


マンション経営は良い投資の方法の一つです。マンション経営が投資として優れている理由はいくつかありますが、まず一つにリスクが低いということがあげられるでしょう。というと、不動産投資がリスクが低いということに驚かれる人も多いかもしれません。 日本では不動産投資というのはどうにも印象が悪いものになってしまっています。バブル崩壊の影響がまだ投資家のマインドの中に残っているのが一つの原因だといえるでしょう。確かにバブルでは多くの損害が不動産投資から発生しましたが、あれは非常に特殊な状況に過ぎません。 普通、不動産投資というのは一気に損失が出ないという点がリスクコントロールに優れていると言われます。というのも、例えば証券投資である場合、投資先が倒産すれば価値はゼロになります。しかし、マンション投資の場合、地価が下がった場合には価値は下がるものの、収入利益は家賃から得ているため、それほど大幅な影響が発生するわけではありません。唯一ゼロになるのは、災害などによって倒壊してしまった場合ぐらいなものです。 そのため、よほどのことがなければ価値がゼロに暴落することがないという意味で、不動産投資であるマンション経営は優れています。